今注目のハイパースキン脱毛!光脱毛との違いとは・・・

肌が敏感な方や、アトピー性皮膚炎を患っているがために脱毛をあきらめてきたそんな人におすすめなのがハイパースキン脱毛です。従来のエステで行う脱毛とどこが違うのでしょうか?

まずエステで行う光脱毛は毛の周期が成長期の時にアプローチを行い、毛根を破壊して毛の再生を鈍化させる方法です。毛根は60℃以上にならないと破壊されないため、温度もそれなりに高いのです。肌表面の温度は約60℃、毛穴内部の温度となると80℃にもなると言われているのです。60℃と聞くとちょっと不安になりますよね。ムダ毛が太く密集している脇やVIOラインは特に痛みが強く出ると言われており、中にはあまりの痛さに脱毛を断念する人もいるほどです。

これとは違いハイパースキン脱毛は休止期に当たるムダ毛の種にアプローチする方法です。今生えているムダ毛を抜くというより、これから生えてくる毛を減らすという方法です。休止期の毛にアプローチを行うため、光脱毛よりも温度が低く38℃程度と言われており、痛みも少なく、肌トラブルもないと言われています。

光脱毛は今生えている毛に対して脱毛を行うため施術後一週間くらいで毛が抜け落ちてきて脱毛の効果を実感できます。しかしハイパースキン脱毛は、まだ毛の種の状態にアプローチを行うため施術をしても毛が抜け落ちるといったことがなく、脱毛の効果を実感しにくく感じます。しかし、これから生えてくる毛に対して施術していますので、だんだんと自己処理の回数が減り、脱毛の効果を実感できるようになるでしょう。

また光脱毛の施術は毛の周期から2ヶ月に1回のペースで行うことがベストですが、ハイパースキン脱毛は3週間に1度のペースで施術を行うことが可能です。2ヶ月に1回の施術だと部位にもよりますが、脱毛が完了するまでに2年近くかかる場合があります。なかには忙しくなっていくのが億劫になってしまって途中でやめてしまう人も少なくありません。

ハイパースキン脱毛は肌に刺激を与えず、短い期間で脱毛できる良い方法なのです。